四十路の熟女のテクニックに乾杯

最近までは熟女なんて興味がないと思っていた私ですがあるキッカケで熟女の方が好きになってしまいました。少し前に四十路の熟女と関係を持ってしまった事がキッカケです。

私がその四十路熟女と知り合ったのは職場です。私がもともといた職場に派遣社員としてその熟女が入社してきました。仕事があまり出来ない四十路熟女の世話係に任命されてしまい、なんとか1、2ヶ月掛けて仕事を教え込むと意外とすぐに覚え仕事をこなせるようになりました。すると、この熟女が仕事を教えてくれたお礼にと私を食事に誘ってきたんです。当然お断りしたんですが、余りにもしつこいから1回だけということで食事に行ったのです。

するとお互いにお酒を結構飲むということや、いろいろな話しをしているうちに楽しくなっていきました。どんどんお酒も進んでいき、最終的に2人ともベロベロ状態になるほどになっていったのです。ここであろう事か熟女の服装がみだれて胸がはだけそうになっているのに気付きました。思わず見入っていると「触りたいの?静かなところに行ってからにして」と言ってきたんです。

お酒が入ってた事もあり、それでスイッチが入った私はそのままホテルに直行。経験が少ないわけじゃないので逝かせてやるかと思っていたんですが熟女のテクニックは半端ありませんでした。フェラチオは熟女が食べてしまうんではないかというほど喉の奥まで含まれて刺激され、しまいにはアナルまで舐められ何度も逝かされてしまいました。

その日以来同僚には言っていませんがその熟女とはセフレ関係に。世間では熟女がエロいと言うけど本当だと身をもって思いました。そして経験豊かな熟女のテクニックはすごいと感じました。